前回の広島市安佐〇区の高台ボロ戸建の続きです。

地元の不動産屋さんへのヒアリングから、賃貸需要ありと分かったこの物件。

次は元付け業者さんへ電話をかけました。

元付け業者さんへのヒアリング

もちろんヒアリング内容は、以前このブログでも書いた、いつも物件購入前にヒアリングする項目です。

この物件は相続案件でした。

問い合わせはたくさんあり、そのうち内見された回数は10回程度。

建物は老朽化しているけど、シロアリや雨漏りまでは確認できてない。建物の傾きは無いと思う。

といった感じでした。

買い付け入ったことありますか?

と聞くと、ずいぶん前に一度だけアリ。

投資家さんだったが、かなり安い金額だったので、売主さんが了承せず、もう少し待ちます。ということになったそう。

いくら位の買い付けだったか聞いても、かなり安かったと言うだけで答えてくれないので、

「200万くらい?」

と聞くと・・なんと正解したみたい(笑)

今もまだ安く売る気は無さそうですかね?と聞いてみると、

「分からないけど、金額提示してもらったら聞いてみますよ。私としては売れる時に売った方が良いと思ってるんですけどね~」

という回答。

問い合わせ多いのに儲からないし決まらない、仲介さんにとってもメンドクサイ物件なんでしょうね、早く処分したいんだろうな~

てことで、協力してくれそうかも♪

ただ、逆に出口戦略のことも考えたら、相当値下げしてもらわないとコワイかも…?

確かに考えてみれば、実はこの物件、路線価で800万近いのに売値で300万円台後半。。

それでも長期間売れてないんだから、不人気ぶりは相当…

とはいえ、状況的には、元付けさんも協力してくれそうですし、仕入れ値次第ではアリ。

ということで、一応内覧させて頂くことにしました。

今日は時間が無いのでつづきはまた今度…

次回は内覧時のやり取りと提示金額です。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願します<(_ _)>

↓↓興味のある方をクリック!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でわっきんを