以前記事にした安佐〇区の物件ですが、少し粘っていました。

というのも、融資を引いて資金効率を上げられれば、購入するのもアリかなーという考えが浮かんだからです。

近隣の不動産屋さんに追加で2件、相談すると、その地域は「高台なので希望者が減ることは否めないが、賃貸需要はアリ。家賃は6万程度」と聞いたのも後押しとなりました。(のちに他の不動産屋さんに完全否定されますw)

 

ということで融資を組んでみようと思い立ちまして、

日本政策金融公庫に相談、400万円の融資申請書ほかもろもろの申請書提出資料準備して面談をこなして審査中・・のところまで進めていたのですが・・・

昨日、融資申請を取り下げさせていただきました。

融資申請の取り下げ方はとても簡単でした。

電話をかけて納得いただける事情を説明し、取り下げる旨はっきりお伝えするだけです。

担当の方には本当に申し訳ない。(正式決定ではないけど、問題なく融資の処理が進んでいたとのこと・・)

日本政策金融公庫への融資申請を取り下げた理由

融資申請を取り下げた理由は2つです。

  • 売主さんとの価格交渉がまったく思うように進まない
  • その後の賃貸需要調査で2つの不動産屋さんから完全否定された

これら2つの理由から、融資を受けてまで進める案件じゃない、という判断を下しました

需要調査くらい申請前にしっかりやっとけよ、って感じかもしれませんが、

一応面談の際には今後の調査の結果によっては取り下げる可能性はあると伝えていました。

関係者の方、特に公庫の担当者様資料作りを手伝ってくれた妻には、ほんと申し訳ない

そして資料の準備とかした時間ももったいなかった。。

でも、それまでの苦労は水の泡になろうとも、冷静に引くべきときは引くべき、ですよね?・・ね?

ま、融資は受けれそうだということもわかったし、公庫の担当者さんともつながりができたし。

それでよし!(と考えることにしました)

そして、せっかくの貴重な経験ですから、私より初心者の方のために、公庫への融資相談の流れや作った資料の一部紹介、面談の様子、担当の方から伺ったことなど、可能な範囲で書いてみようと思います!

あ、次の記事からです・・

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願します<(_ _)>

↓↓興味のある方をクリック!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でわっきんを