購入時、床がふわふわで張替えを余儀なくされたキッチン。

仕上げは床下収納のフタづくりと、クッションフロアを貼って仕上げです。

写真 2016-10-13 19 49 23

出来上がりはこんな感じです。

ベニヤ板カットはホームセンターに頼みました

とりあえず最初は、必要な板の寸法を測って材料集めです。

もちろん厚みは周辺の床材と同じ厚みのものを使いました。

カットは、まー自分でもできるんですけど、1カット20円だし、切った後の木くずの掃除が面倒だし、ということで、ホームセンターでカットしてもらいました(^^)

それから、ベニヤ板の大きさに合わせて、クッションフロアもカットしました。
(クッションフロアの上にベニヤ板を載せて、板に沿ってカッターで切るだけです)

↓1辺580mmにカットしてもらったベニヤ板とクッションフロア。

写真 2016-10-13 18 29 45

↓クッションフロア用の接着剤を塗ったところ・・

写真 2016-10-13 18 33 48

貼り終わった後の写真はどうやら撮らなかったようです。。

たぶん原因は、これって失敗か?と思ってアセってたからだと思います。

だって、クッションフロアを貼った後に、取っ手を付けるための穴が無いことに気付いたんです。

あれ?これって先に穴あけるんじゃないの?って。。

後で調べてみたら、板を半分に切り、取っ手用の穴を作ってから、クッションフロアを貼る手順が正しかったようです。

取っ手用の穴をあける

ま、ミスったものはしょうがない。ということで、

クッションフロアを貼り付けた状態で、取っ手用の穴をあけることにしました。

方法ですが、いろいろやり方を考えた結果・・

まずドリルで穴をあけ、そのドリルの穴をつなぐように引き回しノコで切り、最後にやすりで仕上げました。

で、何とか成功!

アセって頭真っ白で作業してたけど、成功したので意識を取り戻し、写真撮影パチリ!

写真 2016-10-13 19 05 21

心の中ではガッツポーズしてます(^^)

あ、引き回し鋸っていうのは、こういう細いのこぎりのことです。上の写真だと、右の方に写ってるノコです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤元 本職用 挽廻し鋸 160mm
価格:1267円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)

ドリルの穴を起点に、方向を変えながら切ることができるので、通常ののこぎりでは難しいところも切ることができ、壁にコンセントや水道管用の穴をあけるときなど、大きな板をくりぬくときに重宝します。

記事にはしていないですが、私も以前この戸建てで壁に穴をあけたので、たまたま持ってました。

↓切り口は、わりとガタガタします。

写真 2016-10-13 19 36 03

取っ手と枠を取り付ける

何とかミスを挽回し、ここまで作れたら、あとは取っ手と枠、それから補強材を裏側に取り付けて完成ですね。

写真 2016-10-13 19 47 46

手順は間違ったけど、一枚板で作れたので、強度は高い・・はず。。きっと。

ま、結果オーライですっ♪

( ´ー`)フゥー...

写真 2016-10-13 19 49 23

ちなみに枠は、楽天で安いものを購入しました。

これです。取っ手も、補強用の器具も、この商品についてたやつをそのまま使いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

匠力 ホーム床点検口 ブロンズ 600×600 (TUA60B)
価格:3304円(税込、送料別) (2016/10/22時点)

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願します<(_ _)>

↓↓興味のある方をクリック!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でわっきんを