先日、カジさんに写真を撮っていただいた4号戸建に、

申し込みが入りました!

まだ家賃保証会社の審査が終わっていませんが、

仲介さんによると、ほぼ確実にOKとのこと。
(NGだったとしても連帯保証人を付ければ通るレベルだそうです)

ちなみに、この記事で紹介した写真です
プロの物件撮影ノウハウを少しだけばらしちゃいます

撮っていただいた写真を業者さんに送ってからたったの3日での結果です。

超スピードの写真効果に驚いています。

まさかこんな即効性があるとは思いもよりませんでした。

仲介さんからも、

「写真のおかげで紹介しやすくお客様の反応も良く、すぐに実際に物件を見に行く話につながって、ありがたかったです。」

と言葉をいただきました。

いやー、ほんとすごいっす。

ありがとうございます!

あの写真が無かった場合に、どれだけ募集に時間がかかったかはわかりませんが、

募集期間を1か月程度は短縮できたのではないでしょうか・・?

とすると、あの写真の価値は家賃1か月分

カジさんの実力には驚くばかりです。

もちろん、カジさんへはすぐに報告させていただきました。

一緒に喜んでくださって、私の喜びも倍増です(^^)

ほんといい人(^^)

 

物件募集写真のマーケティングとしての位置づけ

ちなみに、マーケティング的に言うと、

物件募集写真は、

認知→興味→行動→購買→利用→信者→拡散

のそれぞれの関門のうち、興味、行動の部分をつかさどります。

この関門をお客様が、スッと引っかからずに乗り越えていただける、というのは大きいですよね。

(この関門の話って、既に書いてる?ま、重要なので何度書いてもよいと思いますし、いつかまとめてみたいと思います)

もし今、空き室がなかなか埋まらず困っているなら、物件写真の改善を検討してみる価値があると思います!

これで満室・・?いい響きです(^^)

以上、報告でした!

カジさんのブログはこちら
広島のレンタル大家カジさん(Tachibow)の投資日記。

【追伸】

もし、カジさんへ直接連絡とる勇気がでないな、って場合は、私にご連絡いただいたら繋ぐことも可能です。

コメント欄でも、お問い合わせフォームからでも、どちらでもOKです。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願します<(_ _)>

↓↓興味のある方をクリック!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でわっきんを