今月に入ってから、痛風(笑)になりまして、痛すぎて歩けず、松葉杖の生活をしておりました。

本来は、先日お会いした先輩大家のカジさん(※)のアドバイスに従って、

4号戸建のリフォームを一緒にやりませんか?

って募集するつもりだったのですが・・

足が思うように動かせないと、何にもできなくなってしまいますね。

以前腰痛になったときも思いましたが、下半身大事

(※)カジさんは、アパートを75万で買ったりするツワモノ事業家です。ブログ→広島のレンタル大家カジさん

物件検索だけはしていたのですが、

先日の豪雨災害のせいか、新しい物件があまり出てこず、大した成果も上がりませんでした。

ま、たとえ良い物件が出てきたとしても交通網が遮断されており見に行くことはできないのですが。。

豪雨と言えば、私の自宅は無事だったのですが、すぐ隣の団地では土砂による被害がありまして、道路全体が田んぼのようになってしまいました。

近所ではみなさん協力して復旧作業をされておりますが、参加することもできません。(足のせいで役に立ちません・・)

自然災害の怖さと、体の大切さがしみた出来事でした。

仲介業者からの電話

そんな痛風発作も、一昨日の金曜日にはなんとかおさまり、少し違和感はあるものの、杖無しで普通に生活できるようになってきました。

それを知ってか知らずか、ちょうど同じ日の金曜日に仲介不動産屋さんから電話をいただきまして、こんな会話をしました。

仲介さん:「月曜日に内覧したい人がいるんですけど、リフォーム終わってます?」

私:「いろいろ事情があって終わってないです。ごみや工具も置きっぱなしですけど、それでも良ければどうぞ・・」

仲介さん:「ま、それで大丈夫と思いますのでご案内しますね」

土日で本気出す

物件自体は正直、自分がこの状態で内覧しても契約する気にはならない状況です。

しかし、チャンスをみすみす逃すのは惜しい。。

少し考えましたが、

ちょうど体も動かせるようになってきたということもあり、

気合いで急きょ、本気出してリフォーム&掃除を進めました。

お風呂は、この豪雨の影響で流通がストップしているらしく、発送連絡もまだ来ない状況ですから、

できることは掃除、片付け、飾り付け、購入済みのもの or 近所で買えるものでリフォームです。

壁紙、テレビドアホン、玄関クッションフロア貼り、玄関の鍵交換、照明器具の交換、換気扇の交換、塗装、ベランダの補修、カーテンレールやブラインドの取り付け・・・

できる範囲でいろいろ仕上げました。(写真を撮る余裕無しでごめんなさい)

急に来た内覧予告

まだ作業中の日曜日、急に同じ仲介業者さんがいらっしゃいました。

仲介さん:「すみません。急きょ今から見に来たいという方がいらっしゃって、現地で待ち合わせって話になってます」

私:「まじっすか。すぐに片付けます・・」

与えられた時間は5分程度だったと思いますが、最低限気になるものだけ片付けました。

真っ先に隠したのはこれ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックキャップ(12コ入)【ブラックキャップ】
価格:538円(税込、送料別) (2018/7/15時点)

こんなのおいてあったら、

「あ~アレが出るのね」

ってなって一気に好感度ダウンしますからね!

お客様が来た!

そんなこんなバタバタしてたら、お客様がいらっしゃいました。

小さなお子さん4名のご夫婦でした。

私:「大家のわっきんです。こんな状況ですみません(私自身も汗だく)。どうぞご自由にご覧ください」

内見者さん:「ありがとうございます。急にすみませんでした。見させていただきます」

こんな感じでお互いに謝り合ってから内見がスタートしました。

内見者さん:「畳はこのままですか?」

私:「ご希望なら新しく交換できますよ。その場合、退去の時に傷んでいたら原状回復費用がかかりますが、このまま入居された場合は退去時に原状回復を問いません」

みたいな会話をしたり、

内見者さん:「敷金礼金無しって珍しいですね」

仲介さん:「戸建てで敷金礼金ゼロっていうのはほとんど無いですね。大家さんのおかげですね」

私:「(急に振られてとっさに)ま、初期費用って結構大きいからタイヘンでしょう?」

内見者さん:「そうなんですよ!」

みたいな会話をしてみたり、

交換したばかりのテレビドアホンディンプルキーに触れて、セキュリティ面をアピールしてみたりしてました。

即決!だけど不安・・

そしたらなんと、その場で即決して契約したいとのお言葉が・・

私:「リフォーム中の申し込み初体験!(心の声)」

ただその方、家の中しか見てなかったので、アドバイスしてあげました。

私:「駐車場大丈夫ですか?大きな車だと厳しいかもしれませんよ。普通車と軽自動車でちょうどいいくらいだと思います」

お客様:「でかいワンボックスと普通車ですけど、大丈夫です。」

私:「え、まじか?無理じゃね?(心の声)」

私:「一度、試してみた方が良いかもしれません」

お客様:「(外に出て駐車場をさっと見て)大丈夫です。これだけあれば大丈夫。」

って感じで、ロクに確認もせず・・

そのまま仲介さんと契約の話をするために帰っていかれました。。

この人、運転がめちゃくちゃ上手なんですかね?

もし契約した後で駐車場無理でしたってなったら、どうするんでしょう?この人。

敷金礼金無しなので、違約金高めに設定してるんですけど・・

近隣駐車場借りるの?車を買い替えるの?

もしこのまま契約に進むようなら、念のためもう一度駐車場の確認してみようと思っています。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願します<(_ _)>

↓↓興味のある方をクリック!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でわっきんを