引き続き私が購入したボロ戸建購入記を書いていこうと思います。

最初からお読みになる場合はこちらからどうぞ。

ボロ戸建て不動産投資1棟目購入記

前回は、350万円で売り出されていた戸建てに対して、80万円の買付証明を送ったところまで書きました。

その続きですね。

 

返事を待つ

正直言って、この買い付けが通るとは思えませんでした。

私が売主だったら、不動産に対して80万円で購入申し込みがあったら、ふざけているのかと思うんじゃないでしょうか。。

今回の売主さんは違いますが、仮に自分が住んでいる家の価値を、土地付き80万円と評価されたらいい気分はしないです。

そんなことを考えつつも、でもやっぱり投資として成立させるにはこの金額で買う必要があると判断したわけで。。

手は尽くしたつもりだし、断られたら断られたで、また次の物件を探せばいいかと、とにかく待つしかないなと、そんな心境でした。

そして最初はドキドキしていた気持ちもいつしか薄れ、いつの間にか一週間が経過していました。。

待ち切れずに電話してみる・・

売主さんが80万円でも大丈夫とお考えであれば、2~3日で回答が来るだろうと思ってました。

それがいつの間にか1週間。

迷われてるのかな?だめってことかな?

もし迷っているのであれば、逆に売っていただける可能性もあるってことです。

とりあえず聞かなきゃわからないので、電話をかけて状況を確認することにしました。

私:「お世話になっております。あの件、どんな感じです?」

仲介業者さん:「お世話になっております。基本OKということで進めておりますが、売主さんのほうは、マイナスになるのを心配されており、今、境界線確定や荷物の処理について見積もりを行っているところです。前面道路が狭く大きなトラックが入らないので、費用が大きくなる可能性があり、これが金額内に収まるかどうか確認させていただきたいのでもうしばらくお待ちください」

私:「そうですか。残置物の処理については私のほうで対応しようと思っていましたが、そちらでされるんですね。」

仲介業者さん:「はい。通常そのようにさせていただいており、今回も同様に考えております」

購入額上乗せ提案

(以前不動産投資本で読んだ内容と違うな)と思いましたが、まぁそういうものなんですかね。

地域や仲介業者さんによってポリシーがあるのかもしれません。

そういうことなら、ということで、ここで提案することにしました。

私:「荷物の処理については、私のほうで20万円ほどと見積もっていました。売主さんのほうで処理していただけるということでしたら、この20万円を上乗せして、購入価格を100万円へ変更させてください。」

仲介業者さん:「え?いいんですか。それでしたら売主さん側がマイナスになることはおそらくないと思います。でも本当によろしいんですか?」

 

一度出した金額を、買主側から一方的に上乗せすることって、あまりないんですかね?

ずいぶん驚かれていました。

 

私:「はい。私としても安く購入できるほうが嬉しいのは正直なところですけど、それは私の都合ですし、売主様に被っていただくのも不本意ですから。大丈夫です。」

仲介業者さん:「ありがとうございます!これで進みやすくなると思います。あ、それから、いただいた電話で申し訳ないのですが・・

仲介業者さんの善意

正直、ここまで具体的に話をしたのって、私としても初めての体験だったんですねw

なので、仲介していただいてる不動産屋さんから何を言われるのかビビりつつ、次の言葉を待ちました。

私:「(ドキドキ)」

仲介業者さん「この物件ですが、この金額では私どもでは仲介できません。仲介手数料はいただかないですが、司法書士さんの手配などはわっきんさんのほうでお願いすることになります。もちろん、売主さん側の対応はできるだけ通常通りさせていただきますが。。よろしいでしょうか。」

私:「おっと、そうなんですね。提示額が低くてすみません・・承知いたしました。司法書士さんは探します。」

売主と買主の間で直接取引という形にさせてくれとの申し出です。

(最初の物件購入にしては太い体験だな・・)と思いましたが、

これも良い経験になるだろうと前向きにとらえました。

 

後日談ですが、実は売買金額がいくら低くても、会社としては仲介は可能だったそうです。

ただ、不動産屋さんも売主さんのことを思ってのことで、言ってみれば、

「(会社の利益にはならないから)会社には内緒で、無償で働くよ」

という善意の申し出をしていただいたのです!

世間的には千三つ(1,000のうち3つくらいしか本当のことを言わない)とか、怪しい職業という印象のある不動産屋さんですが、利益よりもお客様のことを第一に考える、そんな善意の不動産屋さんもいるんですね(^^)

この出会いは大事にしなければ、と思った瞬間でした。

 

とはいえ、仲介にかかわる業務を私のほうでやらなければなりません。

まずは司法書士さん探しからですが、長くなったので続きは次回へ持ち越します。

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願します<(_ _)>

↓↓興味のある方をクリック!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でわっきんを