写真 2016-10-01 15 55 18

浴室の床に錆び汚れがありました。

どうやら、アルミサッシの戸車のネジが錆びて流れ落ちた汚れのようです。

水や洗剤で強くこすっても取れにくい錆び汚れですけど、とある洗剤を使えば、意外と簡単にきれいになるので紹介します。

意外といろいろ使える酸性トイレクリーナー

使った洗剤はこちらの酸性トイレクリーナー(シーバイエス)です。

以前このブログで、アルカリ性洗剤(油汚れやタバコのヤニ汚れ対策)を紹介したことがありますが、酸性洗剤はこれがお勧めです。

参考①→超強力洗剤グリラーに関する記事

参考②→アビリティクリーンに関する記事

私はこの洗剤(酸性トイレクリーナー)をよく使っているのですが、洗剤の粘度が高いので使いやすいのと、香りもさわやかでいい感じなので、使っていて心地よい感じです。

ちなみに、トイレ用洗剤ぽい名前がついていますが、塩酸系洗剤ですからトイレ以外にもいろいろ使えます。もちろんトイレにも使えます。

  • 便器やタイル目地についた黄ばみ・黒ずみ・水アカ
  • お風呂やシンクのカルキ汚れ
  • トイレの尿石汚れ
  • 錆び汚れ

あ、余談ですけど、これって昔、中学校のころに理科で習いましたね(笑)

鉄さびは化学的には酸化鉄。酸化鉄に塩酸をかけると水に溶けやすい塩化鉄に変化するからきれいになる。

カルキ汚れは水中のミネラル成分(カリウム、カルシウム、マグネシウムなど)が原因なので、塩酸をかけるとやっぱり溶けてきれいになる。

・・・みたいな。

懐かしいです(^^)

ただし塩酸は、純粋な鉄やアルミそのものも溶かすので、使う時には注意が必要です。

もし誤ってついてしまったら、速やかに洗い流しましょう!

鉄さび汚れの洗い方

使い方は簡単で、原液もしくは3倍くらいに希釈した液を、鉄さびにかけてしばらく置き、ブラシなどでこするだけです。

ビフォー↓
写真 2016-10-01 15 55 18

アフター↓
写真 2016-10-01 16 01 18

ちなみにシンクしたのサビも、

↓ビフォー
写真 2016-10-11 19 43 43

↓アフター
写真 2016-10-11 19 57 37

水洗いではきれいにならなかった錆び汚れが、きれいになりました♪

ただし注意点があります!

ステンレスの浴槽やシンクで長時間使う(放置する)と酸焼けしてこうなります。

写真 2016-11-11 11 59 24

こうなってしまうと、表面を削り落とすことになってしまいますね。。

記事→酸焼けして黒く変色したステンレス浴槽を研磨して再生!

以上、酸性トイレクリーナーを紹介させていただきました。

ハウスクリーニングで重宝すると思います^^

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願します<(_ _)>