写真 2016-12-24 11 42 50

物件のリフォーム完了のめどが立ち、入居者募集を開始する際には、不動産屋さんへの営業活動を行うことになります。

その際、入居者募集の条件や物件情報など、様々な情報を不動産屋さんへお伝えすることになりますが、

オーナー自らが写真を撮影して持参すると、話も早いですし非常に効果的です。

入居者が早く見つかるかどうかも、写真にかかっているといっても過言ではありません。

ということで、私が物件写真を撮影するときに使っているカメラレンズを紹介しようと思います。

もしオーナー自ら写真を撮らず不動産屋さんへ任せたら・・

なぜオーナー自ら写真を撮って不動産屋さんへ提供する必要があるのか?

理由は1つ、時間効率(機会損失の回避)です。

例えば直接的な例ですと、もし写真を持っていかなければ、その不動産屋さんは、後日物件を訪問し写真撮影することになります。ここで入居者募集開始までの時間をロスします。

他にも、不動産屋さんはオーナーほど物件の売りポイント、こだわりポイントに詳しくありませんし、思い入れもありませんから、写真に対するこだわりも薄くなってしまいます。

物件の魅力を伝えられない写真で入居者募集してしまうと、本来入居してくださるはずだった人を逃すことにつながります。

だって、入居者さんは多くの場合、インターネットの不動産ポータルサイトで物件を探し、そして物件の写真を見て、気になる物件に対して問い合わせをしてくるのですから。

不動産賃貸業を営む者として、こういうところで手を抜いて、入居決定までの時間を無駄に失うのは良くないですよね。

私が使っている広角カメラレンズ

ということえ、入居者募集に使う物件写真は、魅力的な写真にしたいものです。

魅力的な写真にする方法は、部屋を飾り付けるとか照明を明るくするとか、いろいろな方法があると思いますが、その中でも、広角レンズを使って撮影するのは簡単ですしおススメです。

例えば私の物件ですと、レンズを広角レンズにするだけでこれだけ違います。

↓iPhoneで普通に撮影した写真
写真 2016-12-24 11 42 17

↓同じiPhoneに広角レンズを取り付けて撮影した写真
写真 2016-12-24 11 42 50

違いが判りますでしょうか。

同じ位置から、同じiPhoneで撮影したにも関わらず、広角レンズを取り付けた方は、奥行や部屋の広さを感じる写真になっていると思います。

使用したのは、iPhoneのカメラレンズのところに、クリップで挟んで止めるだけの広角レンズです。

たったこれだけで、写真に納まる範囲が増え、部屋のイメージがしやすく、広く感じるようになりますよね。

広角レンズは、大家さんの必須アイテムだと思います(^^)

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願します<(_ _)>

↓↓興味のある方をクリック!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でわっきんを