不動産投資に限らず、

サラリーマンが副業を志したときに気になることのひとつが、これだと思います。

副業が会社にばれたらどうしよう…首になるのだろうか?

で、バレない方法は?って検索したりして。。

私の場合、私よりも妻が心配してるみたいです(笑)

私、家で仕事の話はしないので。

副業が会社にバレない方法

会社にバレない方法としては、バレにくい方法も含めていくつかありますが、絶対バレない方法は、これです。

他者を代表にして法人を作り、自分は法人に所属せず外から支援する

例えば配偶者など、自分ではない誰か(家族など)を社長にすることです。

完全に自分との関係を切り離してるので、バレません。

ただ、不動産投資との相性は悪いと思います。

つまらないですね。

副業が会社にバレにくい方法

パーフェクトではないけど、こんなやり方もあると思います。

個人事業主として活動し、住民税を自分で納める

確定申告の際に、「給与所得以外の所得に関する住民税」を、会社でなく自分で納付することを選ぶだけです。

会社から受け取った給与所得のぶんに関しては、これまで通り会社から納付されます。

ただ、毎年自分で確定申告してることがバレると、(普通のサラリーマンはしないので)なんで?ってなると思います。

自分が法人の代表になるが、報酬は受け取らずすべて内部留保する

こんな方法もあります。

自分の法人から給与をもらわなければ、所得額に変化がないので、バレにくいでしょう。

法人を作るとき、代表者名を登記しますので、調べられたらバレますが、事件でも起こさない限り、いちいち全社員に対して調査する暇な会社も少ないでしょう。

従業員の多い大企業や副業OKの会社に転職する

こんな手もありますね。

副業してよい会社ならそもそも気にならないでしょうし、

従業員の多い会社は一人一人に注目なんてしてないです。

もともと資産家で、相続で不動産を持ったとか、実家が農家だとかで、仕方なく事業をやってる人とか、人数が多ければ一定数いるでしょう。

バレても構わない状況を作る

なんか話がずれますが、正直、これが最強です。私はこれですね。

結局、副業がバレたらどうしよう?

って心配になるのは、あなたが会社にとって必要ない人材だからです。

でも、経営者を目指すなら、経営者の視点で考えてみてください。

人材の確保って、会社側からみると最高位の課題でしょ?

ヒト、モノ、カネ、情報、とか言いますよね。

仮に、あなたが経営者だとして、せっかく確保した優秀な人材を手放したいですか?

もし、そんな会社に属しているのなら、先は長くないので、こちらから見切りをつけたら良いと思います。

つまり、バレてもクビにできない、優秀な人材だと思われること。

経営について学び、俯瞰した視点をもち、人あたりがよく、交渉力やバランス感覚をもっていて、良さそうなアイデアをだせる。

そんな人材になれば、大事に扱ってくれますよ。

特に、相手(例えば上司)の視点に立てることは、交渉力の土台としてとして重要ですし、自分の事業でも大きな力となります。

ただ、

「わっきんさんは経営者だし起業家だから、新規事業の立ち上げをお願いしたいんだけど」

って言われて、重い仕事の担当になったりしますけどね。

ま、それも、自分の時間を使わず、うまく回りの人(労働時間に制約のない上司)の協力を得ればよい話です。

てことで、愚痴っぽくサラリーマンは不自由だとか言ってる人は、自分の能力が足りてない(視野が狭い)だけなので、まずは自分の能力を磨くのがよいと思います。

そもそも、あなたは経営者、つまり人の時間を使って稼ぐ仕組みを作る人になろうとしてるのですから。

そのためにも必要な勉強ですよね。

でわ。

ブログランキングに参加しました。応援クリックお願します<(_ _)>