写真 2016-09-25 12 48 14

浴室混合水栓の取り付けをDIYしましたので紹介します。

ちゃんと手順さえわかれば、かなり簡単な作業でしたから、大家さんのDIYにおすすめだと思います。

浴室混合水栓の交換に使用した器具

まず、サーモスタット混合水栓ですね。

混合水栓を購入するときの注意点としては、壁に空いた穴と穴の間隔に対応可能な混合水栓を選ぶことです。

↓この壁の穴の間隔です。多くの場合、穴と穴の間隔は20センチくらいだと思います。

写真 2016-09-25 12 17 15

今回使用した混合水栓は、TOTOのTMGG40Eです。

楽天のジュプロというお店で購入しました。

後日注文した照明器具よりも先に届くという迅速な対応をしていただけました^^

それから、水漏れを防ぐために必要な、シールテープです。

1メートルくらいあれば十分です。上記のように混合水栓器具にサービスでついてくるお店もあります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カクダイ シールテープ 13mm×1m (9060)
価格:121円(税込、送料別) (2016/9/28時点)

それから、いつも水回りで使用している、ソフトタッチプライヤーです。

約10年前に購入してから重宝しています。水回りのDIYでは必須ツールです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IPS ソフトタッチウォーター WH‐250
価格:1680円(税込、送料別) (2016/9/28時点)

サーモスタット混合水栓交換手順

上にも書きましたが、まずは器具を購入するために、サイズの確認をします。

↓このように、壁に空いた穴と穴の間隔を測ります。

写真 2016-09-25 12 17 15

↑この写真は、説明の都合上、混合水栓をすべて外した状態ですが、部品は外さなくても測れますね。

サイズの適合する混合水栓が届いたら、交換していきます。

写真 2016-09-25 12 15 07

水の元栓を止めてからどんどん外します。

写真 2016-09-25 12 15 49

写真 2016-09-25 12 17 15

混合水栓を完全に外したら、ちゃんと掃除をしましょう!

↓こんな感じで、シールテープのごみが残っていると思います。

水漏れを防ぐためにも、取り付け前にきれいに掃除をしましょう!!

写真 2016-09-25 12 19 25

古い混合水栓を外したら、今度は取り付けです。

最終的には、シールテープを巻いた状態でこんな感じで取り付けます。

写真 2016-09-25 12 37 07

ただ、いきなり取り付けると失敗する可能性があるので注意ですね。

↓この図の赤線の部分(壁からの距離)をそろえる必要があるからです。

torituke

やり方ですが、まず最初に、シールテープを貼らずに、取り付け足を壁の穴に付けてみます。

このとき、何回転でいっぱいになるか(もう回せなくなるか)を数えます。

水側、お湯側、両方とも数えたら、次は、回転数の少ない方に合わせて本取付けを行います。

まず、シールテープを6~7回転巻きつけます。

tape

シールテープを巻き付けたら、壁へ取り付けますが、このとき、逆回転させるとシールテープが傷んでしまいますから、いったん先ほど数えた回転数より1少ないところで止めます。

その後、本体の穴に合わせて幅の調整を行いながら、本体を取り付けます。(逆回転させないように)

写真 2016-09-25 12 38 31

取り付け終わったら、水道の元栓をあけ、水漏れの確認をして終了です!

写真 2016-09-25 12 48 14

浴室サーモスタット混合水栓の交換にかかった費用

ということで、DIYで浴室のサーモスタット混合水栓を交換しました。

所要時間約15分。

かかった費用は、TOTOの混合水栓本体(TMGG40E)の約15,000円だけです。

業者さんに交換依頼すると、作業料でプラス15,000円程度かかるようですから、15分で15,000円と考えると効率的ですね!

ブログランキングに参加中です。応援クリックお願します<(_ _)>

↓↓興味のある方をクリック!!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でわっきんを